不眠の原因とは

不眠 原因

不眠の原因はセロトニン不足が影響している!

 

ふだん、人間の睡眠時にはメラトニンと言う睡眠ホルモンが体内に分泌されていますが、
体内に睡眠ホルモンであるメラトニンが増える事で、だんだんと眠りにつきます。

 

しかし、実は、メラトニンはセロトニンによって分泌を促されるという特徴を持つホルモンでもあります。

 

つまり、セロトニンが不足している人には、
睡眠ホルモンであるメラトニンを分泌する力が少なく、結果として不眠症になりやすいのです。

 

極論を言うと、不眠症に悩まれる方は、うつ病の可能性もなくはないということです。

 

そのほかにも、合わせて原因になっているかもしれないコトをまとめてみたので、ご覧ください。

 

 

薬剤性不眠薬剤性不眠 

 

現在、飲んでいる薬があって、その副作用で眠れなくなる事がある。

 

不眠を起こす生活習慣病の薬

 

不眠原因降圧薬
・ カルシウム拮抗薬: ニフェジピン、ベラパミル
・ β 遮断薬: プロプラノロール
・ α β 遮断薬: カルベジロール、ラベタロール
・ 中枢性交感神経抑制薬: クロニジン、メチルドパ
・ 末梢性交感神経抑制薬: レセルピン
・ 血管拡張薬: ヒドララジン

 

不眠原因高脂血症治療薬
・ クロフィブラート
・ スタチン系: アトルバスタチン、シンバスタチン、コレスチラミン

 

不眠原因食欲抑制薬
・ マジンドール

 

不眠原因抗潰瘍薬
・ シメチジン

 

不眠原因抗うつ薬
・ 選択的セロトニン再取り込み阻害薬 ( SSRI ): フルボキサミン、パロキセチン、セルトラリン
・ セロトニン-ノルアドレナリン再取り込み阻害薬 ( SNRI ): ミルナシプラン

 

不眠原因抗パーキンソン病薬
・ ドパミン製剤: レボドパ、カルビドパ
・ モノアミン酸化酵素阻害薬: セレギリン
・ ドパミン遊離促進薬: アマンタジン

 

不眠原因副腎皮質ステロイド
・ プレドニゾロン
・ デキサメタゾン

 

不眠原因気管支拡張薬
・ キサンチン誘導体: テオフィリン
・ エフェドリン

 

不眠原因抗結核薬
・ イソニアシド

 

不眠原因過眠症治療薬
・ ペモリン、メチルフェニデート、カフェイン、アンフェタミン、睡眠薬(ベンゾジアゼピン系)、アルコール

 

不眠原因インターフェロン、

 

該当する薬を長期飲んでいるようでしたら、薬に頼らない方法も平行して実践していく必要があります。

 

>>セロトニンを補って不眠解消するには<<心の青汁

不眠症のタイプ

不眠症には数種類のタイプがあり、複数のものが併発していることも多いです。

 

対処法はそれぞれに異なるものもありますが、共通していることはセロトニン不足であるということです。
ですから、まずはセロトニンを増やすと改善されることが多いのも事実です。

 

まずは、自分の症状がどのタイプに当てはまるのか確認してみましょう。

 

不眠原因適応性不眠
ストレスからくる睡眠障害で、ストレスが解消されたり、ストレスに適応すると治ります。
ストレスはネガティブなものに限らず、楽しいことでも興奮した状態で、
アドレナリンが出すぎて眠れなくなることもあります。

 

不眠原因健康障害による不眠
他の病気による痛みなどが理由で、眠るのが困難になったり、
夜に何度も目を覚ましてしまう症状。

 

不眠原因幼年期の行動からくる不眠
親や保護者が子どもをキッチリと寝かせないことで起こる睡眠障害。
決まった時間に子どもを寝かせると正常な睡眠をとれるようになりますが、
就寝時刻があやふやだと夜に何度も目が覚めるようになってしまいます。

 

不眠原因特発性疾患による不眠
幼年期に始まり成年期まで続く睡眠障害。
体内のバランスが崩れて、覚醒機構が強く働きすぎたり、
逆に睡眠機構がうまく働いていないことなどが理由と思われていますが、
ハッキリした原因は不明です。

 

不眠原因薬物による不眠
薬物治療の副作用やカフェインの摂取、アルコール系溶剤の使用などで起こる睡眠障害。
使用中だけでなく使用を止めた時にも発生する可能性があります。

 

不眠原因精神障害による不眠
精神衛生の悪化の兆候として現れる睡眠障害。
不眠のレベルがそのまま精神状態に直結しています。

 

不眠原因身体的原因に関係しない不眠
根本的なメンタル・ヘルス障害や、心理的要因、分割睡眠による不眠。
不眠症を持った人が別のタイプの不眠症の基準を満たさないときに分類されるそうです。

 

不眠原因精神的原因に関係しない不眠
内科疾患や健康状態によって起こるが特定の原因がわからない不眠。
明確な原因を発見するには更なるテストが必要。

 

不眠原因逆説的不眠
客観的な睡眠障害の形跡なしで現れる不眠。
眠っている状態なのに本人は目覚めていたと感じるもので、
たっぷり寝ていても自分の睡眠時間を過小評価したりしています。

 

不眠原因精神心理学的な不眠
睡眠が取れていないという過度の不安からなる不眠。
突然発症した後、不安で眠れない日々が積み重なることで、
月日を経てゆっくりと症状が悪化していきます。
家以外だと、なぜか普通に眠れる場合もあるそうです。

 

 

どうでしょう?
該当するような事例がありましたか?

 

 

体に負担がない不眠対策として、特別努力をしなくても、
セロトニンを増やして不眠解消できるサプリメントから、まずは初めてはどうでしょうか。

 

>>マインドガードDX飲料タイプ<<心の青汁

 

>>マインドガードDX粒タイプ<<マインドガードDX粒タイプ

不眠の原因とは関連ページ

マインドガードdx 副作用
こころのサプリ専門店。心の青汁25%セール中。全国送料無料&後払いOKです。
マインドガードDX楽天には売っていない!
こころのサプリ専門店。心の青汁25%セール中。全国送料無料&後払いOKです。
マインドガードDXの成分は優秀です。
眠りたいのに眠れない原因となる成分とマインドガードDXの成分の関係について。
マインドガードDXは(うつ)鬱病にも良い
うつ病と不眠症の関係、マインドガードDXがうつ病のどんな特効薬なのかについて。
マインドガードDXはパニック障害にも!
マインドガードDXがパニック障害をも解消できるのはなぜか。
不眠症を解消するには
不眠症の解消に役立つ情報を公開しています。
不眠症の治し方
不眠症の治し方は、セロトニンを増やしながら同時に効率よく不眠症を治す方法を実践する必要があります。