セロトアルファとパニック障害

セロトアルファとパニック障害の関係

セロトアルファはパニック障害にも効果が期待できるといわれるのはなぜでしょうか。

 

まず、不眠症や鬱病といった、精神疾患を患っている人が増えていますが、その中に、パニック障害という病気があります。

 

パニック障害は、突然起こる激しい動悸や発汗、頻脈、震え、息苦しさ、胸部の不快感や痛み、目眩などが最初に起こる症状です。
これらの症状と共に、このまま死んでしまうのではといった強い不安に襲われ、これを「パニック発作」と言います。

 

この様な症状を何度か経験すると、「また同じ症状が出たら…」という
不安感や恐怖心が生まれ、これを「予期不安」と呼びます。

 

この予期不安から、発作を起こした場所を避けるようになる、
人が多く集まる場所が怖くなるなど、「広場恐怖症(外出恐怖症)」となります。

 

これが、パニック障害の3大症状です。

 

不安が不安を呼ぶというような悪循環を起こして、パニック障害の症状は悪化していきます。

 

不眠症や鬱病と同じで、パニック障害も神経伝達物質の不足が原因なので、セロトニンを補うことが重要です。

 

病院の治療で使われる薬「SSRI」も、セロトニン不足を改善する為の薬です。

 

セロトニンを摂取するには、サプリメントのセロトアルファからも摂取が可能です。

 

もちろん、セロトアルファの効能を利用すると共に、規則正しい生活を送ることも大切です。
実際、パニック障害を患っていて、セロトアルファを飲んでいるという方もいます。

 

「もっと早くセロトアルファを飲んでいたら、私は、パニック障害を患わずに済んだかもしれない」

 

そういった感想がありました。
これの意味するところは、パニック障害の改善にセロトアルファが役立っているということが分かりますね。

 

パニック障害は、徐々に症状が悪化していくものなので、重症になると社会生活が送れず、家に閉じこもった生活となってしまいます。

 

そうなった経験のある方は、「もしかしたら…」と心当たりのある時点で、是非、早めの服用をして欲しいと勧めています。
病院での治療以外で改善策を探している人も、セロトアルファを試す価値があると言えるでしょう。

 

>>セロトアルファの詳細はこちら<<セロトアルファ

セロトアルファとパニック障害について関連ページ

セロトアルファ不眠症のサプリメントを試す
アイシー製薬の不眠症を解消する人気サプリメントは普通サイズのお試し価格が50%オフでじっくり試すことができます。
セロトアルファの効果について
セロトアルファは不眠症対策のサプリメントですが、それ以外にも良い効果を発揮してくれることについて。
セロトアルファは抗うつ剤のような副作用があるか?
セロトアルファは不眠症やうつの解消サプリメントですが、抗鬱剤のような副作用があるのかについて。